会則・細則

第1章 総則
(名称)
第1条 本会は日本静脈経腸栄養学会北陸支部会と称する。
(事務所)
第2条 本会の事務局は支部会長の勤務施設内におく。
第2章 目的および事業
(目的)
第3条 本会は日本静脈経腸栄養学会の支部組織として北陸地区における臨床栄養学の進歩・発展を図り,もって国民の健康の増進に貢献することを目的とする。
(事業)
第4条 本会はその目的達成のために次の事業を行う。
(1) 学術集会(支部例会,学術講演会等)
(2) NST専門療法士のためのセミナー等の開催
(3) 会員のための栄養療法に関する教育および情報交換
(4) 日本静脈経腸栄養学会(本部)からの諮問事項への答申および依頼事項への対処
(5) その他本支部会の目的を達成するために必要な事業
第3章 会員
(会員)
第5条 本会の会員は,富山県,石川県,福井県に勤務先のある日本静脈経腸栄養学会会員からなる。
2 日本静脈経腸栄養学会会員以外の医療従事者で本支部会の主旨に協賛するものは,支部会長が承認した場合,臨時会員として学術集会に参加することができる。
第4章 役員
(役員)
第6条 本会には次の役員をおく。
(1) 支部会長1名
(2) 世話人若干名
(3) 幹事若干名
(4) 監事2名
2 役員の任期は1期2年とし,再任は妨げない。
3 役員の定年は,満66歳に達した後の3月31日に至るまでとする。
(選任等)
第7条 支部会長は世話人会の議により世話人の中から選出される。
2 世話人は世話人会の議を経て支部会長が委嘱する。
3 幹事の選出は,世話人の互選による。
4 監事の選出は,幹事以外から世話人が推薦し世話人会の議決により支部会長が委嘱する。
5 当番会長は学術集会の開催ごとに世話人会で選出され,支部会長の委嘱をうけて当該学会の業務を担当する。
(職務)
第8条 役員の職務は次のとおりとする。
(1) 支部会長は,支部会を代表し,必要に応じて役員会ならびに世話人会を招集し,その議長を務める。
(2) 世話人は世話人会を構成し,役員の選任,当番会長の選出,収支の決算および予算,その他の重要事項を審議決定する。
(3) 幹事は幹事会を構成し,支部会長を補佐し,世話人会議案作成,会務の執行等に当たる。
(4) 監事は本会の監査を行う。
(解任)
第9条 役員が次の事項に該当する場合には,世話人会の議決により解任することができる。
(1) 正当な理由なく連続して3回学術集会の世話人会を欠席した場合。
(2) 日本静脈経腸栄養学会北陸支部会会員の資格を喪失した場合。
(3) 世話人会にて解任の動議が提出され,採択された場合。
2 前項の規定により役員を解任しようとする場合は,メールに依らない世話人会で議決する。議決の前に該当役員に弁明の機会を与えなければならない。
第5章 会議
(世話人会)
第10条 世話人会は支部会の最高議決機関である。
2 支部会長が必要に応じて招集する。少なくとも学術集会に合わせて年1回開催する。
3 世話人会は世話人をもって構成し,次の事項を審議する。
(1) 事務報告および会計報告
(2) 事業計画および事業報告
(3) 会則の変更
(4) 役員に関する事項
(5) その他必要と認めた事項
4 世話人会の議事は,出席者の過半数の賛同により決定する。
5 電子メールによる開催も可能とするが,その場合は送信者の過半数の賛同をもって決定する。この場合,事務局が全ての交信内容を記録し,求めに応じてその発信者に開示するものとする。
第6章 会計
(運営経費)
第11条 本会の運営経費は,本部からの補助金および寄付金などをもって支弁する。
(事業年度)
第12条 本会の会計年度は毎年4月1日から3月31日までとする。

(平成25年11月1日制定)