支部会長挨拶

トップページ > 支部会長挨拶

日本静脈経腸栄養学会北陸支部会長
片山寛次

 平成25年6月15日、日本静脈経腸栄養学会北陸支部(北陸静脈経腸栄養研究会)評議員会におきまして、支部長に推挙され、選任頂きました。どうぞよろしく御願いいたします。
 日本静脈経腸栄養学会 (JSPEN)は、2013年1月の時点で会員数18,367人と、栄養に関する学会としては世界最大の規模に成長しました。その前身である第1回完全静脈栄養研究会が開催されたのは1970年であり、現北陸支部と統合した北陸静脈栄養研究会第1回大会の開催は1973年です。平成25年には第4回JSPEN北陸支部例会(第37回北陸静脈経腸栄養研究会総会)が開催され、地域の栄養の研究会としては最も古い歴史を継承しています。平成25年において、北陸支部のJSPEN会員数は600人を超え、富山、石川、福井各県のNST研究会の尽力により、病院のNST組織率がそれぞれ、20.9, 21.6, 23.6%と我が国の平均15.0%に比べとても高い地域となっています。
 もとより栄養学は全ての医療の基本であり、従って栄養サポートチームは、チーム医療として他の全てのチーム医療に参加すべき、中心的役割を果たすべきです。NSTの普及は、その施設、その地域での医療レベルのバロメーターと言えます。
 これからは、北陸地域において、より質の高い栄養療法を拠点病院から在宅医療まで広く普及させることがこの会の使命と考えています。そのためには、現在各地域にある組織との結びつきを高め、教育研修の機会を作り、地域や在宅への連携ツールの構築、在宅緩和など在宅医療における栄養療法の普及、啓発を行っていかなければならないと考えています。
 この会は、出自大学や医局、その他既存の枠組みには拘束されず、この会の目的に向かって貢献する人に助力を惜しみません。北陸での研修事業や連携を考えておられる方は是非ご相談ください。
 この支部会は、JSPENと同じほど古い歴史を誇る北陸静脈経腸栄養研究会と合併し、その幹事会を引き継いでいます。しかし、今後は北陸に勤務するJSPENの会員が支部会員です。この支部会が全国の支部のなかでも確固たるものになれますよう、より多くの方々のJSPEN会員登録を御願いいたします。
 この支部のホームページは、広く会員に開かれています。栄養関係のイベントでしたらできる限り掲載して参ります。どうぞお知らせください。支部会の運営はできるだけオープンにしたく、支部会の議事も支部会HPに必ずアップしてまいります。